2011ワールドカップバレー 日本vsポーランド 公式ウォームアップ

2011ワールドカップバレー 日本vsポーランド 公式ウォームアップ

2011年11月25日ワールドカップバレー男子 日本VSポーランドの試合前公式ウォームアップの動画ビデオ。まず驚いたのは、入場の際間近でみたポーランド18番モジジョネックの大きさ。
ポーランドは2m超級の選手が多いのだが、その大男集団の中でも一際でかい!
まあ高さだけがバレーの全てとは言わないが、このワールドカップで準優勝だったのが頷けるポーランドの各選手の大きさ。

ということで、動画ビデオは続きでそうぞ

2011ワールドカップバレー 日本vsポーランド 公式ウォームアップ


信じられないことにポーランドは46年ぶりのワールドカップバレー出場だそうだ。
まあオリンピックなどではメダルを取っているので低迷していたとはいえないし、46年ぶりというのは意外である。
開催国ということで日本が毎大会出場していることが何だか申し訳ない気がする。

それにしてもポーランドは高くて、パワフルで観客はどよめいていた。
私が見ていて特に高いと思ったのは1番ノバコフスキ(205cm)、ネットから胸の下くらいまで出ている。

最高到達点は355cmとなっていて日本の福澤と同じなのだが、それ以上に見えた。
2m超の選手があれだけジャンプするのには驚いた。
次いでポイントゲッターと言われている6番クレクか、でもほかのどの選手もすごい。

さて我が日本といえば、試合前というのにまだトスが合わないとかやってるし・・・
もちろん日本の代表選手だからすごいに決まってるし、いろんなタイミングとか試してるのかもしれないが、やっぱりポーランドの各選手と見比べると見劣りしてしまう。

まあウォームアップということでネットにトスをつけて思いっきり叩きつけているから派手に見えるだけかもしれないが、威圧感は十分だ。
試合は3-1でポーランドの勝利だったが、1セット取った日本の善戦だったんじゃないかな。

ポーランド1番ノバコフスキ

アンテナより上からスパイクしてる・・・いいもの見せていただきました。
これで足の長いスパイクなんて打たれたら、ブロック無理でしょ?


アクセス数: 4

スポンサーリンク